猫の食べ物

猫に与えていい食べ物・ダメな食べ物・人の食べ物・温度

更新日:

猫 食べ物




猫に与える食べ物について

猫に与えていい食べ物

猫の食餌は、猫に必要な栄養がバランス良く配合されたキャットフードが一番良いです。

現在販売されているフードは栄養学的に十分研究されています。

フードを選ぶ際にはパッケージに「総合栄養食」と記載された物を選びましょう。

総合栄養食はキャットフードと水だけで健康を維持できるように作られおり、人の食事に例えれば定食のようなものであり、キャットフードと水だけで健康を維持できるように作られています。

「副食」「一般食」と記された物は栄養のバランスが取れていないので、総合栄養食と一緒に与える必要があります。

ドライフードでもウェットフードでも必ずパッケージに記載してありますので、確認して選びましょう。




猫に与えてはダメな食べ物

・ネギ類
猫にとって有害なアリルプロピルジスルファイドという成分が含まれており、大量に摂取すると赤血球が破壊されて嘔吐や下痢・血尿・発熱などの症状を起こすことがあります。
猫はネギを食べないと思われるかもしれませんが、ハンバーグなどタマネギが含まれる料理も害があります。
また、ネギ自体でなくてもエキスが出た肉じゃがや味噌汁なども要注意です。
この成分は加熱しても分解されません。
ニラやニンニクにも同様の成分が含まれています。

・ぶどう
腎不全を起こす危険性があります。
生のぶどうを食べることはあまり無いかもしれませんが、レーズンバターやレーズンパンなどは食べてしまうことがあります。
どの成分が猫にとって有害なのかはまだ完全に解明されていませんが、レーズンはぶどうを乾燥させ成分を凝縮しているため、少量であっても生のぶどうよりも危険性が高いとされています。

・イカ・タコ・エビなど
生魚やイカ・タコ・スルメなどは消化に悪く下痢や嘔吐の原因となったり、喉に詰まらせることがあります。
また、生のイカや貝などの魚介類やエビ・カニなどの甲殻類はビタミンB1を破壊する酵素が含まれているため、猫に与えると体内のビタミンB1が欠乏することで後足が麻痺してしまうことがあります。

・煮干しやかつお節
猫が喜ぶおやつ、というイメージがあるかもしれませんがリンやマグネシウムなどのミネラル成分が多く含まれているため、猫が食べると尿石症などの尿路疾患を引き起こします。

・鶏の骨や鯛の骨
鶏の骨は縦に割れやすいため、噛むことで鋭利な形状になり喉や消化器を傷付けることがあります。
また、完全に消化されずに腸閉塞を起こすこともあります。
鯛の骨も同様に、固くて太いので危険です。




 



-猫の食べ物

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.