犬の種類・特徴・性格・寿命・しつけ・値段・里親犬

土佐犬の特徴・性格・しつけ・寿命・値段・里親

更新日:

土佐犬の特徴



土佐犬について

土佐犬の特徴

土佐犬は、四国犬と呼ばれる土佐犬と、土佐闘犬と呼ばれる2種類に別れます。

本来の土佐犬は四国犬といって中型犬のため、威圧感ある怖い犬とは異なります。

現在は、呼び方が混合する理由から、土佐闘犬を略して「土佐犬」と呼んでいます。

従来の土佐犬は「四国犬」と名称が変更しました。

原産国は日本で大型犬の短毛種です。

以前は猪に立ち向かい猟犬として活躍していました。

筋肉質な骨格でがっちりとした体格です。

頭部が大きく、鼻筋から口元までが角張っています。

大きなシワは猪に噛まれても良い程たるんでいます。

本来は垂れた耳をしていますが、断耳処置をしている土佐犬も見かけます。

断耳とは、猪に耳を食いちぎられないように始めた方法です。

現代では見た目の良さから子犬の時に耳を切る飼い主が多く存在しています。

毛色は
レッド
アプリコット
フォーン
ブラック
ブリンドル
胸元にホワイト模様が入っている犬もいます。

大型犬ですので股関節の病気は子犬から注意します。

胃捻転は命にかかわりますので、食後すぐに運動をさせないようにしましょう。

被毛はダブルコートで固めですが、抜け毛は多めです。

土佐犬の性格

本来は穏やかで冷静な判断ができる犬です。

賢い犬ですのでパニックになり暴れるような行動はとりません。

飼い主に徹底的に忠実で、警戒心が強く防衛意識も高い性格をしています。

縄張り意識が強いため、他の犬と仲良く接するのは苦手です。

海外では飼育を禁止している国まであります。

かなりの負けず嫌いですので番犬に向いていると言えますが、家庭犬として迎えるには難しいでしょう。

番犬として飼育するくらいであれば、警備会社のセキュリティの契約を結んだほうが得策です。



土佐犬をしつける方法

まず、飼育にあたり訓練、運動、手入れなどを含めて毎日4時間程度の手間がかかります。

室内、屋外でも広すぎない程度の頑丈で丈夫なゲージとサークルが必要です。

大型犬飼育経験者か犬の知識を知っている方だけが飼育できる犬です。

怒らせたら人間は勝てませんので、上級者向けになります。

訓練通常と異なりトレーナーが訓練をすると土佐犬本来の良さが出る犬です。

食事も餌を用意したら、すぐに離れないと噛まれます。

攻撃的ですので、服従訓練は絶対条件です。

トレーナーでも手に負えない場合もあり、土佐犬を扱っていない訓練所もあります。

他の犬と喧嘩をする傾向があるため、散歩は山や海など自然が多い地域が理想です。

田んぼ道の誰もいない場所がベストです。

市街地や繁華街での散歩は不向きで、通学路は散歩コースからはずします。

リードを嫌がることはありませんが、飼い主の横にならんで歩くスタイルをとりません。散歩は犬に引っ張られながら歩きます。

体からリードが抜けるのを防げるためです。

抑制できないほど、引っ張られる時は訓練所に相談をします。

他の犬と出逢ってしまったら大人の男性でも抑制はできません。

ひきさがらなければ処分を検討しなければいけない犬種ですので、覚悟を持って飼育をしてください。

猟犬を家庭犬にしたい時点で、犬の習性を理解していない考えもあります。

事故を防ぐためには、犬との絆を深めることはもちろん、一般の犬とは違うというマナーも大切です。

土佐犬は飼い主を強さで判断しますので、一緒にいれば敵に勝てると思わせる訓練をしなければ抑制できません。

弱い行動を取ると、飼い主にも噛みついてくるほどです。

土佐犬のしつけはかなり難しく、一般家庭には不向きの犬です。

十分な時間と、マナーや理論を徹底的に覚えさせていきます。

土佐犬の寿命

10~12歳前後が目安です。

ペットショップでは販売していないので、専門のブリーダーから購入をします。

土佐犬の値段

10~50万前後が目安です。

土佐犬の里親はどこで見つけるの?

特定犬ですので飼育方法が厳しい自治体があります。

特定犬は保健所に持ち込まれると、体型や性格上すぐに処分対象になる犬種です。

里親になりたいと思ったら、まずは保健所にこまめに連絡を取ってください。

ほかに大手のペットサイト「ペットのおうち」は里親を募集しています。



 



-犬の種類・特徴・性格・寿命・しつけ・値段・里親犬

Copyright© アニマルファーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.