猫のケージや首輪などのおすすめグッズ

猫におすすめのケージ・2段・3段・4段・大型・おしゃれ

更新日:

猫におすすめのケージ



猫のケージ

猫におすすめケージ

大きくて高さのあるケージがおすすめです。

猫は上下運動を好むため、登り降りできるほどの高さのあるケージが理想です。

ケージ=猫の生活スペースであり、ケージの中にはトイレ・水・食器など生活に必要なものを全て入れます。

そのため広ければ広いほど良いでしょう。

もちろん部屋の広さとの兼ね合いもあります。購入前に設置スペースを確認して、どれくらいの大きさのケージが良いかよく検討しましょう。

ケージの素材は猫の爪が引っかからないスチールやプラスチックでできたものが理想的です。

子猫を入れる際は網の隙間にも注意しましょう。脱走されてしまってはケージに入れた意味がありません。

猫のおすすめ2段ケージ

2段のケージは1段目と2段目を別の目的で使うことができます。

猫が1匹なら、1段目にトイレを置いて、2段目にベッドを置くことができます。

トイレと寝る場所を離すことでストレスなく生活することができます。

部屋の設置スペースがあまり取れなくても、2段のケージならそれほど窮屈に感じません。

おすすめは1段目と2段目を自由に移動できるケージです。

購入する前に内部がどのような構造になっているか必ず確認してください。

猫のおすすめ3段ケージ

3段のケージは1段に1匹ずつ猫を収容することができます。

一方で1段や2段のケージに比べて、それぞれの個室の高さを確保しにくいというデメリットがあります。

猫を狭いケージに長時間入れるとストレスになるため、できるだけ広いケージが良いでしょう。

おすすめはキャスター付きのケージです。

3段それぞれに猫を入れると10kg以上の重量になります。

キャスターがついていれば押すだけで楽に動かすことができます。

1匹で使う場合は、内部が繋がっていて自由に別の段に移動できるケージがおすすめです。

1段目にはトイレ、2段目には食事と水、3段目にはベットやおもちゃを置くことができます。

猫のおすすめ4段ケージ

4段のケージも1段に1匹ずつ猫を収容することができます。

いわば猫の集合住宅です。大きなキャットタワーに匹敵する高さがあるため、丈夫で安定性のあるケージを選びましょう。

ケージの中で猫が動き回ったときに倒れるようなことがあってはいけません。

おすすめはカスタマイズの自由度が高いケージです。

猫をたくさん飼っていても常に4段全てを使うとは限りません。

自由に大きさを変えられるケージなら、不要な段を外すことができます。

逆に猫が増えたときはパーツを付け足すことで段を増やすことも可能です。

また4段を2匹で2段ずつ使いたいという方には、内部のパーツを自由に付け外しできるケージがおすすめです。



猫のおしゃれなケージ

おすすめはフレームが木材のケージです。

ポピュラーなスチール製のケージと違って温もりがあり、部屋のインテリアにもよくなじみます。

重量感があり猫が中で激しく動き回ってもグラグラしにくいというメリットもあります。

おしゃれなデザインのケージならリビングに置いても違和感がなく、部屋の雰囲気が少しだけ変わります。

猫の大型ケージ

大型のケージはちょっとしたサークルほどの広さがあります。

中で自由に動けるため長時間入れてもストレスに感じることがありません。

1段のケージで高さがあればキャットタワーも入れられます。

大きいと場所を取るのがデメリットですが、広いスペースを確保できるなら大型ケージを選ぶと良いでしょう。

大型のケージは猫が激しく動き回れるため、頑丈な作りで壊れにくいものを選んでください。

中が2段3段に分かれているケージでは、猫が飛び乗ったり飛び降りてもグラつかない強度が必要です。

大型のケージは大きくて重いため、小まめに場所に変えることができず、固定して使うことになります。

日中に直射日光が当たり続ける場所では、夏場に熱中症になる恐れがあります。

逆に完全に影になる場所も、冬場は寒くて居心地が悪いため避けましょう。

適度に日光が差し込み、暑くもなく寒くもない場所を選んで設置してください。



 



-猫のケージや首輪などのおすすめグッズ

Copyright© アニマルファーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.