犬の種類・特徴・性格・寿命・しつけ・値段・里親犬

秋田犬の特徴・性格・しつけ・寿命・値段・里親

更新日:

秋田犬の特徴



秋田犬の特徴~里親まで

秋田犬の特徴

忠犬ハチ公のモデルで天然記念物に指定されている秋田犬。

「あきたけん」と呼んでいる方もいますが「あきたいぬ」と読むのが正式名です。

原産国は日本で大型犬の短毛種になります。

がっちりとした筋肉質な体型と、長めの足、くるりと巻いたとしっぽが特徴です。

立った耳は三角形で小さいですが、胴体は引き締まっていて、たくましい犬です。

被毛の色は
・赤
・トラ
・ゴマ
・白
ですが体の内側が白いのも特徴です。

秋田犬は日本の高温多湿に弱い犬種です。

生まれつき皮膚が弱いため、皮膚病の発症率が高めです。

脱毛やフケが見られますが、皮膚病にかかると完治が難しくなります。

また、先天性の臍ヘルニアや甲状腺機能低下症にも注意をします。

臍ヘルニアとは「でべそ」の一種ですが、リンゴ程度の大きさになる犬もいます。

嘔吐、腹痛などがあり、押し込んでも引っ込まない場合は外科手術を検討します。

左右非対称の脱毛が現れた場合は甲状腺の病気を疑います。

食欲がなくなりますが、体重が増えるといった症状が現れます。

ダブルコートで固めの被毛ですので、寒さに強い犬種です。

抜け毛の量が多いのでトリミングが必要になります。

秋田犬の性格

飼い主に忠実で、周りの空気を感じとる力が強く、その場に応じた行動をとります。

本来は穏やかな性格をしています。

いつも冷静で賢く知能も高い犬種ですが、頑固な一面もあります。

信頼した人だけに尽くすため、飼い主以外は心を開きません。

また縄張り意識が強いため、番犬に向いています。

吠えることは少ないのですが、飼い主を守ろうと攻撃的になる場面もあります。

主人を守りたい一心で、警戒心が強くなるのかもしれません。

秋田犬をしつける方法

秋田犬は服従訓練と社会化訓練が絶対条件となります。

社会性が弱いと家族以外のコミュニケーションが難しくなるため、攻撃的になり噛み癖と無駄吠えにつながります。

トレーナーに頼ってしまうと、犬が飼い主と認めない傾向があります。

飼い主に尽くす犬のため、預けるのではなく飼い主がしつける方法を学びます。

散歩中に他の犬と喧嘩をする傾向があり、引き下がることはしません。

リードは先端の輪に一度手を通したらさらに手を通し二重で持ちます。

飼い主の前を歩く仕草があれば、必ず止めること、座らせる動作が大切です。

大人の男性でもコントロールが効かなりますので、勝手な動きをしないように抑制する必要があります。

動物病院に連れて行く時に苦労しますので必ず訓練をします。

急に頭を撫でられるのが苦手ですので、小さな子供が近寄らないようにします。

感受性が強い犬のため大きな音が苦手としています。

吠え癖は犬を驚かせて止める方法もあります。

噛み癖がある時は、顎をつかんで地面に押し当てます。

犬は上の者に逆らった時に顎を地面につける習性があるので、飼い主にさからったと教えるために地面に押し付けます。

本来は学習する犬ですので、トイレ、シャンプー、爪切りを根気強く教えていくことも大切です。

犬は自分の居場所を必要としますので、寝る時やリラックス時は狭い空間を好みます。

鉄でできた頑丈なゲージを用意して迎えてください。



秋田犬の寿命

10~15歳前後が目安です。

秋田犬の値段

15~20万円前後が目安です。

秋田犬は20万円以上の高額になることはありません。

秋田犬の里親はどこで見つけるの?

秋田犬保存会という団体がありますので問い合わせてみる方法があります。

他に
・地元の愛護センター
・保健所
などもあります。

秋田犬は都道府県条例で特定犬に指定されています。

自治体によって飼育方法が決められている場合があります。

届け出、認識シール、檻の中で飼育するなど県によって細かいルールがあります。

飼育前に近くの保健所を通じて確認を怠らないようにしてください。



 



-犬の種類・特徴・性格・寿命・しつけ・値段・里親犬

Copyright© アニマルファーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.