犬のケージや首輪などのおすすめグッズ

ペットとして飼いやすい犬ランキング・犬の服選びの注意点・おもちゃを選ぶときの注意点・ペットが死んだらどうすればいい

更新日:

ペットとして飼いやすい犬



ペット・犬

ペットとして飼いやすい犬ランキング

今回は、ペットとして飼いやすいペットを20位までご紹介します。

飼いやすい犬として、上位には小型犬が多い傾向があります。

  • 1位:トイプードル
    トイプードルは、友好的な性格と毛がほぼ抜けないところが特徴の小型犬です。
    トリミングカット次第で様々な風貌になります。
  • 2位:チワワ
    世界で最も小さい犬種のチワワは、可愛い見た目が特徴です。
    体が小さいのでエサの量や運動量も少ないので、マンション暮らしでも飼いやすいとされています。
  • 3位:シーズー
    シーズーは、性格が穏やかな愛玩犬で飼いやすいとされている犬種ですが、毛や皮膚のお手入れを怠らないようにしなければなりません。
  • 4位:ミニチュアダックスフンド
    ミニチュアダックスフンドは、胴長で短い足が特徴的な小型犬で人気がありますが、関節系の病気に注意が必要です。
  • 5位:ヨークシャーテリア
    ヨークシャーテリアは、ヨーキーの愛称で親しまれています。
    被毛は美しく、動く宝石とも呼ばれています。
  • 6位:マルチーズ
    マルチーズというと、白くて綺麗な被毛をイメージする人も多いのではないでしょうか。
    穏やかで明るく、社交的な性格と、白くて可愛い見た目が特徴的な人気の犬種です。
  • 7位:キャバリアキングチャールズスパニエル
    キャバリアキングチャールズスパニエルは、柔らかい飾り毛が特徴で、愛称はキャバリア、キャバです。
    性格は従順なので初心者でも飼いやすい犬種といわれています。
  • 8位:パピヨン
    パピヨンは、蝶々のような耳の飾り毛が特徴的な小型犬です。
    からだは小さいですが、活発でよく動き回る元気なところがあります。
  • 9位: ポメラニアン
    ポメラニアンは、飼い主さんや家族が大好きな明るい性格なので、きちんとしつけを行わないと我が強くなる可能性がありますが、飼いやすい小型犬です。
  • 10位: ゴールデンレトリバー
    おっとりとした優しい性格のゴールデンレトリバーは、大型犬でも飼いやすいと人気のある犬種です。
  • 11位: 柴犬
    柴犬は近年人気のある犬種です。
    飼い主に忠実で非常に賢いので、虜になる人が多いそうです。
  • 12位: フレンチブルドッグ
    ブサカワ犬の代表格フレンチブルドッグは、明るい性格で家族の中を笑いで包んでくれる人気犬種です。
  • 13位: ミニチュアシュナウザー
    わしゃわしゃした毛が特徴的なミニチュアシュナウザーは、学者のような風貌と長いまつ毛が特徴的です。
    肥満になりやすいので体重管理に注意しましょう。
  • 14位:ラブラドールレトリバー
    ラブラドールレトリバーは、明るく活発で優しい性格の大型犬です。
    賢い犬として盲導犬などとして活躍しています。
  • 15位:パグ
    鼻ぺちゃ犬としても人気の高いパグは、穏やかな性格であるところが特徴です。
  • 16位:ビションフリーゼ
    近年SNSで人気が高まっているビションフリーゼは、もこもことした被毛がぬいぐるみのようで可愛いといわれています。
    性格も友好的で人気があります。
  • 17位:ボストンテリア
    ボストンテリアは、おしゃれな鼻ぺちゃ犬として人気の犬種です。
    性格は少し気が強いところがありますが、頭も良くしつけもしやすいところが特徴です。
  • 18位:ウェルシュコーギーペンブローク
    ウェルシュコーギーペンブローク(通称コーギー)は、大きな立ち耳と長い胴体、短い足が特徴的な犬種です。
    イギリス王室にも愛されるコーギーは、人懐こく社交的な性格をしています。
  • 19位:アメリカンコッカースパニエル
    アメリカンコッカースパニエルといえば、大きな耳の飾り毛が特徴的な犬種です。
    人にも犬にも人懐こく、友好的で明るく、飼いやすい性格をしています。
  • 20位:シェットランドシープドッグ
    シェットランドシープドッグ(通称シェルティー)は、長いマズルと半分立った耳が特徴的です。
    もとは牧羊犬のため、警戒心が強いですが賢く、名犬ラッシーの犬種として知られています。




ペットの犬の服選びでの注意点

犬の洋服を選ぶときには、愛犬のからだに合ったサイズのお洋服を選びましょう。

犬種によっては、胴が長い犬、足が短い犬、体高が高い犬など特徴があるので、犬種専用のお洋服を選ぶのもおすすめです。

メーカーによっては犬服のサイズの基準が異なります。

購入後に返品や交換をするのは手間がかかるので、購入前にメジャーでサイズを計ってチェックするか、試着ができる店舗に犬を連れていくとよいでしょう。

ペットの犬用おもちゃを選ぶときの注意点

犬用のおもちゃを選ぶ時には、サイズに気をつける必要があります。

大型犬が小型犬用のおもちゃで遊ぶと、噛んでいるうちに誤飲や窒息を起こしてしまうこともあります。

また、お留守番の際に与えるおもちゃは壊れにくいものを選ばないと誤飲の可能性があるので、注意しましょう。

どちらにしても、おもちゃを噛んで破壊してしまう癖があるワンちゃんは、おもちゃを使って遊ぶ時には必ず飼い主さんと一緒に遊び、目を離す時にはおもちゃを片付けることが大切です。

ペットの犬が死んだらどうすればいいの?

ペットと暮らしているといつかはやってくるお別れ。

こんなことを想像するのはとても辛いですが、愛犬が亡くなった際は、葬儀を行うか、埋葬するか、自治体などに引き取ってもらう流れとなります。

ただし、自治体に引き取ってもらう方法は、供養というよりもゴミとして処分するという方法なので、可愛がっていた愛犬のお別れにどの方法を選ぶかは慎重になるべきです。

犬が亡くなった場合は、亡くなってから30日以内に、畜犬登録を行っている自治体に届け出を出す義務があります。

↓さらに詳しくはこちら↓




-犬のケージや首輪などのおすすめグッズ

Copyright© アニマルファーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.