ハムスターの種類・特徴・性格・寿命・値段・大きさ・毛色

ハムスターの種類ごとの値段や初期費用にかかる値段・ケージや月々の費用

更新日:

ハムスターを飼う時



ハムスターを飼う時の初期費用・値段

ハムスターを飼う時の初期費用は、最低限の物を揃えた場合で8000〜10000円程度です。

ケージや巣箱・餌入れなどは、つい可愛い物を選びたくなってしまうものですね。

デザインが凝ったものを選ぶと値段が更に高くなりますが、ここでは一般的な販売価格を参考にご紹介します。

ハムスターを飼う時にそろえるもの
・ハムスター:1000〜1500円
・ケージ:約3000円
・餌:約500円
・餌入れ:約300円
・水入れ(ウォーターボトル):約500円
・回し車:約1000円
・床材:300〜500円
・巣箱:500〜1000円
・トイレ:約500円
・トイレの砂:300〜500円

〈その他〉
ハムスター用のヒーターを購入する場合は1000〜2000円ほどかかります。
寒い季節はハムスターが疑似冬眠してしまい、そのまま亡くなるという危険も。
ケージの下に設置できるタイプのヒーターを使う飼い主さんも多いようです。

ハムスター用ケージの値段

ハムスター用ケージ

金網、プラスチック製、水槽、衣装ケースの4つのタイプがあります。
シンプルな作りの物だと、1500〜4000円台で販売されています。

ハムスター用のケージはバリエーション豊富で、広さや形も様々。
・平面でシンプルな作り
・2階があって、はしごや階段で登れる作り
・トンネルやアスレチックなどの遊べるおもちゃが付属されているもの
当然ながら、凝った作りの物だと高くなり10000円近くする物も販売されています。

以下に、タイプ別におよその値段をご紹介します。
(1階のみ・付属のおもちゃやアスレチック等無しのシンプルなタイプの値段)

・金網:1500〜2000円
上・側面が金網、下部はプラスチック製のケージです。
上の金網部分を取り外せるのでお掃除が簡単です。
金網タイプのデメリットは、ハムスターがよじ登ってしまう事です。
脱走したり、天井まで登って転落する可能性もあります。
また、ストレスが溜まっていると金網を噛んで不正咬合になってしまう事も。

・プラスチック製:2000〜3500円
ハムスターがよじ登ってしまう心配も少なく、水入れや回し車がセットになって販売されているケージもあります。軽くて取り扱いが便利で、お値段もお手頃です。

・水槽:3000〜5000円
ガラス製とアクリル製があります。
しっかりした作りですが、それ故に価格も高め。
また金網やプラスチック製と比べると見た目はシンプルで、ケージのバリエーションは少ないです。
お部屋のインテリアに合わせてケージを選ぶ、といった楽しさは無いかもしれないですね。
アクリル製だと軽くて取り扱いやすいですが、高めの価格となっています。
ガラス製だと細かい傷がつきにくいという特性があります。しかし重くて割れる心配もあり、取り扱いが難しいのがデメリットです。

・衣装ケース:2000円前後
ハムスター用のケージとして、衣装ケースのような形のタイプも販売されています。
広さが十分確保でき、高さもあるのでよじ登ったりする心配も少ないですよ。
人が使う衣装ケースでハムスターのケージを手作りすることも出来ます。

〈ケージ選びで注意する事〉
・高さのある2階建てやはしご付きのケージ
ハムスターは何にでも登りますが、高い所は得意ではありません。
転落すると怪我をしたり命に関わることもあります。
いろいろ遊べて良さそうに見えますが、ハムスターにとっては高さのある場所は必要なく危険です。



ハムスターを飼育するときにかかる月々の値段

販売店やハムスターの種類(餌を食べる量)によってばらつきはありますが、およそ600〜700円ほどです。おやつ代を入れると50〜100円ほどプラスされます。

月々にかかる必要最低限の費用
餌:150〜200円
トイレの砂:約300円
床材:約100〜200円

〈餌の摂取量は?〉
餌の値段も100gあたり数十〜数百円とピンキリです。
餌の価格により、1日あたりの費用もおのずと変わります。
1kgほどの大容量パックで売っている場合もありますが、餌の劣化や腐敗の心配もあります。
1〜2ヶ月で食べきれる量を購入するようにしましょう。
ハムスターの1日の食事量の目安は、体重の5〜10%ほどです。
餌のパッケージに書かれている摂取量を参考にしても良いですね。

ハムスターの種類別、1日あたりの摂取量の例
体重30gのジャンガリアンハムスターだと、1日に1.5〜3g
体重150gのゴールデンハムスターだと、1日に7.5〜15g

〈医療費〉
ペットに保険はきかないため、ハムスターの医療費は高額になることもあります。
その時のハムスターの症状によりますが、目安としては以下のような費用がかかります。
・診察料:1000円〜(夜間だと更に加算される場合もあり)
・検査や処置:1000〜2000円
・薬代:100〜3000円

怪我や病気になった時は痛い出費になるかもしれませんが、大切な家族であるハムスターの健康を守るため。

調子が悪そうな時は病院へ連れて行ってあげましょう。

ハムスターの種類と値段・安い順

販売店やハムスターの年齢・種類・人気・健康状態などによって値段は変動します。だいたいの目安をご紹介しますので参考にして下さい。

▼ハムスターの種類別の値段(安い順)

ジャンガリアンハムスター
ゴールデンハムスター
(ノーマルな毛色・種類の場合)
約800〜1500円
ロボロフスキーハムスター 約1500〜2500円
キャンベルハムスター 約2000〜4000円
チャイニーズハムスター 約3000〜4000円

ジャンガリアンハムスターやゴールデンハムスターのなどポピュラーな種類は1000〜1500円程度と安くなっています。

キャンベルハムスターやチャイニーズハムスターなどの珍しい種類や、希少な毛色・目の色であるほど値段が高くなります。



 



-ハムスターの種類・特徴・性格・寿命・値段・大きさ・毛色

Copyright© アニマルファーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.