犬の種類・特徴・性格・寿命・しつけ・値段・里親犬

シェルティの特徴・性格・寿命・値段・里親

更新日:

シェルティ



シェルティの特徴

シェットランドシープドッグは「シェルティ」の愛称で親しまれている人気の犬種で、ふわふわとした長く美しい被毛と長いマズルが特徴的です。

シェルティの大きさは、体重が6〜10kg程度、体高が33〜41cm程度の小型〜中型犬となります。

よく、色や形がそっくりで、同じような風貌をしている「コリー」と間違われる方が多いですが、コリーよりもシェルティの方が小型の体格であるところが、犬種を見分けるポイントです。

毛色は、セーブル、トライカラー、ブラックホワイト、ブラックタン、ブルーマールがあり、シェルティの一般的なカラーはセーブルとなっています。

シェルティの性格

シェルティは非常に頭の良い犬種で、牧羊犬として古くから人間に愛されてきました。

性格は、繊細で気が強く吠えやすいところがありますが、飼い主には忠実で良く指示に従います。

しかし、警戒が非常に強いため、家族以外にはあまり心を許さず、人慣れしにくい場合もあります。



シェルティの寿命

シェルティの寿命は12〜13歳程度といわれています。

見た目が似ているラフコリーに比べると、若干寿命が短い平均となります。

しかし、シェルティは、牧羊犬の名残で草原を走り回る体力や自力があるので、平均寿命を超えて、長生きする個体も多いです。

シェルティは、もともと牧羊犬なので、サークルなどの狭いスペースだけの生活では、ストレスがかかりやすくなります。

このため、お庭やドッグランで走ったり、においを嗅ぐことで、精神的なストレスを溜めないことも、シェルティを長生きさせるポイントとなります。

シェルティは頭が良いので、頭を使う知育トイで遊ばせてあげることも一つの方法でしょう。

シェルティの値段

シェルティの値段は、固体によって差があり、通常は6万円〜18万円で購入することができます。

ただし、ドッグショーに出展している犬の子犬や、賞を取った血統が含まれる子犬は、40万円以上の値段がついていることもあります。

毛色の薄いブルーマールは、珍しい毛色のため、値段が驚くほど高い場合があります。

しかし、ブルーマールは遺伝的な問題を持つ子犬が生まれる可能性も高く、毛色が珍しいから選ぶことや、珍しい色だから交配したいと考えるのは、犬の健康と、生まれてくる子犬の健康と幸せのためにやめるべきです。

シェルティの里親はどこで見つけるの?

シェルティに限らず、犬の里親になろうと考えている場合は、自治体の動物愛護センター、民間のシェルター、譲渡会、インターネットなどで募集情報を得ることができます。

また、シェルティだけを扱う専門のレスキュー団体も活動しているので、犬種をシェルティに絞って探す場合は、インターネットを通じた情報からすぐに候補となる団体の犬や里親情報を探すことができます。



 



-犬の種類・特徴・性格・寿命・しつけ・値段・里親犬

Copyright© アニマルファーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.