猫の気持ち

猫がトイレ以外で排便・尿をするのをしつける方法・何回トイレするのか・トイレの場所変更の注意点・お勧めの砂・砂が飛び散るのを防ぐ・臭い対策

更新日:

猫がトイレ以外で排便・尿をする



猫がトイレ以外で排便するようになった理由

猫がトイレ以外の場所で排便するようになった理由はいくつか考えられます。

まず考慮すべきなのが病気による影響です。

体調が悪くてトイレまで行けないようでしたら、早めに動物病院を受診しましょう。

汚れたトイレを嫌って使いたがらないことも考えられます。

猫はとても綺麗好きで、トイレの中にウンチやおしっこの塊が残っていると、他の汚れがない気に入った場所でしようとします。

小まめに掃除を行い、猫が好むトイレ環境を整えることが大切です。

最低でも朝晩2回、出来れば使用した直後に掃除しましょう。

他にもトイレの数が少ないと、「他の猫が使っている」「使用中で使えない」などの理由で粗相をすることがあります。

トイレの数を増やしたり、別の場所にもトイレを設置するなど工夫をしましょう。

猫がトイレ以外で尿をするようになった理由

トイレ以外の場所で尿をするようになる主な理由はマーキングです。

尿によるマーキングはスプレーとも呼ばれています。

「ここは自分の縄張りだぞ!」と主張する目的で、シャーと壁や柱に尿をかけて自分の臭いをつけているのです。

猫はとても縄張り意識が強い動物です。それぞれ自分の縄張りを持っていて、外からの侵入者には敏感に反応します。

室内飼いの猫は家の中が縄張りです。

ですから家の周囲によその猫が姿を現したり、新しい猫を迎えたときなどに、スプレーを行う回数が増えることがあります。

スプレーはオスに多く見られる行動で、メス猫はあまり行いません。

早いうちに去勢手術を行うとスプレーをしなくなります。猫のおしっこは臭いが強烈ですから、スプレーをさせないために去勢手術を受けさせましょう。

猫のトイレをしつける方法

猫を家に迎えたら早めにトイレのしつけを行いましょう。

もしトイレ以外の場所で排泄するクセがつくとしつけが難しくなります。

トイレのしつけは以下のように行います。

・猫がトイレサインを出すのを待つ
しつけは猫が「排泄したい」というトイレサインを出したタイミングで行うと効果的です。
「周囲をキョロキョロする」「ウロウロして急に落ち着きがなくなった」「床の臭いを嗅ぐ」といった仕草がトイレサインです。

・優しくトイレに誘導する
猫が排泄しようとしてるときに「そこでしちゃダメ!」と叱ったり、慌ててトイレに連れて行くと、驚いたり怖がったりして逆効果です。
優しく抱き上げてトイレに連れて行くか、後ろからそっと背中を押してトイレまで誘導しましょう。

・静かに見守る
上手くトイレに入れることができたら、使い終わるまで近くで静かに見守りましょう。
猫はそばでうるさくされたり、ジッと見つめられるのが苦手です。

・排泄し終わったらすぐに掃除する
首尾よく猫がトイレで排泄したら、次も同じように使ってもらうために綺麗に掃除しましょう。
ウンチはすぐに取り除いてください。
固まる砂を使っている場合は、少し待ってからおしっこの塊を取り除きましょう。



猫って1日何回くらいトイレするの?

健康な猫は1日1回はウンチをします。

もし3日以上ウンチをしない場合は便秘です。

おしっこは1日2~4回ほどし、特に回数は決まっていません。

これは猫によって尿の量が異なること、季節によって水を飲む量が変わるためです。

もし急におしっこの回数が減ったり増えた場合は、尿結石や膀胱炎などの病気の可能性があります。

猫のトイレの場所を変える時の注意点

猫は急にトイレの場所を変えられると、混乱して元の場所で粗相をしてしまうことがあります。

「ここだ」という場所を決めたら出来るだけ固定して動かさないようにしましょう。

どうしてもトイレの場所を変える必要がある場合は、先に別の場所に新しいトイレを設置して、慣れるまで元のトイレをそのまま残しておきましょう。

新しいトイレに慣れた後であれば元のトイレを撤去しても問題ありません。

猫のトイレでお勧めの砂

システムトイレ用の固まらない砂がお勧めです。

システムトイレとは本体が二層構造になっていて、下の引き出しにシートを敷いて使うトイレのことです。

砂は固まらず水分を通すためおしっこはシートに吸収され、スコップでウンチを取り除くだけで良いため、掃除が楽なのがメリットです。

猫のトイレの砂が飛び散るのを防ぐ方法

砂が広範囲に飛び散ると掃除が大変です。

フルカバーまたはハーフカバーの本体を使うことで、後方と側面への飛び散りを抑えることができます。

また鉱物系やシリカゲルなど重さのある砂や大粒の砂は物理的に遠くに飛ばすことが難しいため、飛び散り防止に有効です。

猫のトイレの臭い対策

猫のトイレの臭い対策

最大の臭い対策は小まめなトイレ掃除です。

それでも気になるという方は、ペット用の消臭剤を使いましょう。

スプレータイプは即効性がありますが効果が続きません。

置き型タイプは効果があまり強くありませんが長く持続します。

他にも砂に混ぜて使うタイプの消臭剤もあります。



 



-猫の気持ち

Copyright© アニマルファーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.