犬のケージや首輪などのおすすめグッズ

一人暮らしで犬を飼う方法や費用・おすすめの犬種・留守番について

更新日:

一人暮らしで犬を飼う



一人暮らしで犬を飼う

一人暮らしで犬を飼う方法

一人暮らしで犬を飼うというのは、犬の命を自分一人で預かるという事。

見守ってくれる家族も無く、散歩や餌、排せつ物の後始末などのお世話も飼い主である自分がすべてしなくてはなりません。

また、何より一人で暮らすよりもお金がかかります。

犬との生活は楽しいばかりではなく、時には病気になる場合もありますし、思うようにしつけが出来ず、悩むこともあります。

また、子犬から飼うと平均10~15年一緒に暮らすこととなります。

引っ越しや転勤などの状況が変わった場合でも犬は必ず一緒に住めなければなりません。

色々な事を踏まえて責任をもって最後まで飼える心構えと状況が整っているかどうか、自分自身に問いかけてみてから飼う事を判断しましょう。

犬を飼い始めたらまず何よりも大切なのは周囲に迷惑をかけないように信頼関係を築き、しつけをすること。

飼い主が帰宅するまできちんと留守番できるようにしつけることが大切です。

また、しつけだけでなく帰宅後のコミュニケーションとお散歩も大切。

飼い主の帰宅を待ちわびて運動不足にもなっている愛犬のストレスを解消させ、たっぷりと愛情を注いであげましょう。

近所の方とは良好な関係を心掛け、犬がいることをきちんと伝えておき、日ごろから挨拶をきちんとしておくことも重要です。

一人暮らしで犬を飼うなら費用はどれくらいかかるの?

一人暮らしで犬を飼う場合、一体どのくらいのお金がかかるのかご存知でしょうか?

まずは一番餌の食べる量が少ない子犬の場合を例に挙げてみましょう。

フード代・おやつ代・トイレシーツやウェットティッシュ代・ワクチン代・ペット保険代・トリミング代などを含めると年間最低でも34~36万円程かかると言われています。

その他に旅行などで出かける場合はホテルなどに預ける為費用が掛かりますし、真夏や真冬などは冷暖房費がかかります。

病気になった場合はさらに大変。

急な病気やけがを考えた時の為の貯蓄もしておかなければなりません。

様々な事を想定し、自分が養っていかなければならないという責任をもって飼う覚悟が必要です。



一人暮らしで犬を飼うならおすすめの犬種

一人暮らしで犬を飼うならおすすめの犬種

一人暮らしで犬を飼うには留守番が出来、広いスペースを必要としない犬種など一人暮らしに向いている犬種を選ぶのが理想的です。

毛のお手入れなども出来るだけしやすく毛が抜けにくい犬種・しつけがしやすく穏やかな性格の犬種・部屋の中で動き回れば運動となる小型の犬種などを選ぶと飼う自分自身が楽です。

おすすめの犬種は性格も穏やかで運動も少なくて済むシーズー犬やチワワ、トイプードルなどが良いでしょう。

無駄吠えが比較的少ないパグやフレンチドッグも飼いやすいと言えます。

一人暮らしで犬を留守番させるときに気を付けたいこと

犬を快適に留守番させるためには室温の管理と水分が無くなることのないようにすること。

留守番中に危険なものを置かないようにすることが大切です。

トイレも留守番中にあちこちにしないように根気よく徹底したトレーニングを行い、生活音に対してもあまり吠えることの無いようしつける、防音設備を整えるなどの配慮が必要です。

また、本当に困った時には助けてもらえる友達や家族がいると安心です。

日頃からいざという時のことを考え、自分にとっても犬にとっても出来るだけ万全な体制を整えておきましょう。





 



-犬のケージや首輪などのおすすめグッズ

Copyright© アニマルファーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.