犬の種類・特徴・性格・寿命・しつけ・値段・里親犬

キャバリアの特徴・性格・寿命・値段・里親

更新日:

キャバリアの特徴



キャバリアの特徴

キャバリアは大きな耳とふわふわとした飾り毛があり、おでこが平らで、大きな丸い目が特徴の犬種です。

耳周りから胸、足、尻尾は飾り毛に覆われており、被毛と皮膚が柔らかく、優雅な雰囲気を持っています。

ただし、キャバリアの被毛は、日頃のお手入れが必要で、毛玉になりやすいので、ブラッシングは欠かせません。

被毛にはストレートとウェーブの2つのタイプがあり、どちらもビロードのような柔らかさがあります。

毛のカラーは、「ブレンハイム」「ブラックタン」「トライカラー」「ルビー」がありますが、一般的にキャバリアと呼ばれている認知度の高いカラーは、白と茶色の2種類の「ブレンハイム」となります。

キャバリアは、小型犬の分類となり、からだの大きさは、対抗が30〜33cm程度、体重は約5〜8kgで、小型犬の中では、割とがっちりした体格です。

キャバリアの性格

キャバリアは非常に社交的な性格を持っており、明るくて陽気なところがあります。

また、とても甘えん坊のさみしがり屋の愛玩犬なので、コミュニケーションをたくさんとってあげる必要があります。

人間や犬に対して攻撃的な傾向はみられず、穏やかな性格の犬種です。

キャバリアは、飼い主を含めた人への愛情や忠誠が強い犬種なので、家庭犬に適した犬といえます。



キャバリアの寿命

キャバリアの寿命は、9〜14歳程度だといわれています。

心臓疾患にかかりやすく、心臓に異常がある場合は注意して日常生活を送る必要があります。

キャバリアは、肥満になりやすいので、定期的な体重測定を行い、体重管理を行うことをおすすめします。

キャバリアの値段

キャバリアの値段は幅が広く個体差があり、平均的な金額は10〜20万円程度といわれますが、ドッグショーに出展するような犬の子供だと、30〜50万円以上する場合もあります。

もし、ブリーダーのもとでキャバリアを購入する場合には、キャバリアのからだに異常はないか、価格はいくら位なのか、母犬、父犬、兄弟犬などに心臓疾患のある個体がいないかをブリーダーに確認してから購入すると良いでしょう。

キャバリアの里親はどこで見つけるの?

キャバリアを里親として迎えたい場合は、保健所、動物愛護センター、民間の保護施設、インターネットを通じて里親になることができます。

どの方法で里親になったとしても、最期の時まで責任を持ってキャバリアを飼育するようにしましょう。

キャバリア専門のレスキュー団体もあるので、活動情報などをチェックして、譲渡会に参加してみることもおすすめです。



 



-犬の種類・特徴・性格・寿命・しつけ・値段・里親犬

Copyright© アニマルファーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.