犬の病気

犬の胃腸炎の原因・症状・他の犬にうつる?食事・散歩・治療と薬

投稿日:

犬の胃腸炎とは



犬の胃腸炎とは

犬の胃腸炎の原因

食べ過ぎや、食べ慣れない物を食べるなどの食餌により起こる他、
細菌やウイルスの感染
アレルギー
消化管内寄生虫
異物の誤食
ストレス
中毒
薬の服用
の影響などがあります。

犬の胃腸炎の症状

急性と慢性の症状があり、
急性では
嘔吐を繰り返す
血混じりの胃液を吐く
よだれを垂らす
血便
などの激しい症状が現れます。

嘔吐が長期間続くことで脱水症状を起こすこともあります。

慢性では嘔吐や下痢などの消化器症状が長く続き、体重減少や元気消失が見られます。

犬の胃腸炎は他の犬にうつる?

胃腸炎自体がうつると言うよりは、胃腸炎を引き起こす原因がうつることがあります。

ウイルス感染や細菌感染、寄生虫感染があります。

ウイルス感染はパルボウイルスやジステンパーウイルス、コロナウイルスなどがあり、細菌感染にはカンピロバクターやサルモネラ菌があります。

寄生虫感染では回虫やコクシジウム、ジアルジアなどがうつることで胃腸炎を発症します。

多くは感染犬の糞便や嘔吐物の匂いを嗅いだり、舐めてしまうことで感染しますが、感染犬の身体に付着した寄生虫の卵を舐めて感染することもあります。

ジステンパーウイルスなどはくしゃみや咳で他の犬に感染します。



犬の胃腸炎の時の食事

胃腸炎では通常食欲が低下するので、不安に思う飼い主が何か食べて欲しいと考え食べ慣れない物を与えてしまうことが多いようです。

慣れない食餌は症状を更に悪化させ、治りを遅らせるので危険です。

食餌の与え方は原因や症状により異なりますが、急性胃炎で1日に数回吐いているようであれば12~24時間程度食餌を与えず胃を休ませる時間をつくります。

嘔吐が治まれば消化・吸収に負担をかけない低脂肪食などを少量ずつ、回数を多く与えるようにします。

慢性的に下痢や嘔吐が続く炎症性腸疾患であればアレルギー用の療法食などが推奨されます。

小腸性下痢では低脂肪食、大腸性下痢には高繊維食が有効な場合があります。

犬が胃腸炎の時に散歩

長距離の散歩やドッグランでの激しい遊びは体調を悪化させる可能性があるので控えましょう。

また、胃腸炎の原因が細菌性や寄生虫の場合は、完治していないと糞便中に病原体が排出されていることがあります。

糞便を放置すると他の犬に感染させてしまったり、1度完治しても同じ場所を散歩した際に再感染してしまう可能性もるので、排泄物は適切に処分しましょう。

犬の胃腸炎の薬と治療

急性胃炎では、食餌をしばらく与えず輸液をするだけで改善することもあります。

原因や症状により、
制吐剤や下痢止め
胃の粘膜を保護する薬
消化管の運動機能を改善する薬
抗菌薬
などで治療します。

原因が特定出来ていれば、その病気に特異的な治療を行います。



 



-犬の病気

Copyright© アニマルファーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.