犬の病気

犬の鼻炎の原因・症状・鼻血・薬・治療方法・サプリメント

更新日:

犬の鼻炎について



犬の鼻炎について

犬の鼻炎の原因

原因は様々ですが、
ウイルス感染や真菌の感染・寄生虫感染・異物などが侵入したときに発症する他、
アレルギーや腫瘍、口腔内の病気(口蓋裂や根尖周囲膿瘍)
などが原因となり得ます。

これらの結果、鼻腔内の常在菌が増殖して細菌性の鼻炎を続発します。

両側性であれば感染症やアレルギー性鼻炎が考えられ、片側では口腔内の病気や腫瘍などが疑われます。

犬の鼻炎の症状

主な症状は鼻汁とくしゃみで、鼻汁が多いと鼻腔が詰まり呼吸困難になったり、口で呼吸をするようになり食欲が落ちることがあります。

また、鼻涙管を詰まらせることで涙が流れたり目やにが出るようになります。逆くしゃみをすることもあります。

犬が鼻炎で鼻血も出ているのは

鼻の粘膜に炎症が起こると、初めはサラサラとした鼻汁が出ますが、次第に粘張性のある鼻汁に変化したり、膿が混じるようになります。

更に重症化すると鼻の粘膜が切れて出血し、鼻血が見られるようになることがあります。

気をつけたいことは、鼻血が見られる病気は鼻炎だけでなく、血液の凝固異常や鼻腔内腫瘍、外傷の可能性もあるということです。

人は簡単に鼻血が出ますが、犬の鼻血は通常病気でなければ出ません。

重い病気が隠れている可能性もあるので、様子を見ずに早めに動物病院を受診しましょう。



犬の鼻炎の薬と治療方法

鼻炎の原因を特定し、病気に合った治療を行います。

細菌の二次感染に対しては主に抗菌薬を使用します。

アレルギー性鼻炎に対しては、アレルゲンをなるべく回避するよう生活環境を改善し、必要に応じ抗ヒスタミン薬やステロイドを投与します。

鼻汁により鼻が閉塞している場合、鼻汁の粘張度を下げるL-カルボシステインなどで排出を促進することもあります。

また、内科治療と併せてネブライザーを使用した治療を行うことでより高い効果が期待出来ます。

その他、異物による鼻炎であれば異物を除去したり、腫瘍であれば外科手術や抗癌剤による治療を行います。

犬の鼻炎のサプリメント

スケアクロウの「パンフェノン」は動物病院でも取り扱うサプリメントです。

鼻炎専用という訳ではありませんが、強力な抗酸化作用や抗炎症作用があるとされており、鼻炎に対しても効果が期待出来ます。

Vet’s Bestの 「SEASONAL ALLERGY SUPPORT」は、季節性のアレルギーを緩和するサプリメントであり、アレルギーに対して有効とされるイラクサ・しその葉・ケルセチン・シトラスの成分が配合されています。

鼻炎の原因がアレルギーであれば効果が期待出来ます。



 



-犬の病気

Copyright© アニマルファーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.