犬の病気

犬の結膜炎の原因・症状・うつるのか・繰り返す理由・自然治癒・目薬・治療費・治療期間

更新日:

犬の結膜炎について



犬の結膜炎について

犬の結膜炎の原因

原因は様々で、
細菌やウイルス
寄生虫の感染
ドライアイ
角膜潰瘍
アレルギー
まつ毛の生え方の異常
ほこりや砂の異物の侵入の他
ぶどう膜炎や緑内障の最初のサインとしても起こります。

犬の結膜炎の症状

原因にもよりますが、
充血
結膜の浮腫(腫れること)
目やに
涙を流す
目を痒がる
目を痛がる
瞬きが増える
目を開きにくそうにする
床に目を擦り付ける
などの症状が見られます。
結膜炎の原因が異なっていても症状は類似することが多いです。

犬の結膜炎はうつるのか

犬同士で結膜炎がうつる可能性はありますが、犬の結膜炎の症状が人にうつるということは滅多にありません。

ただし、結膜炎の原因がレプトスピラなどの人獣共通感染症の細菌や、ウイルスであれば、原因となる病気が感染することで人が結膜炎を起こす可能性はあります。

子どもや高齢者、免疫力の低下している人は健常な成人と比べ感染のリスクが高いので念のため気をつけた方が良いでしょう。

また、結膜炎の可能性のある犬を触った後はよく手を洗うことが大切です。



犬の結膜炎は繰り返す理由

犬の結膜炎は再発しやすいと言われています。

特に、まつ毛の生え方の異常やドライアイ、アレルギーなどが原因であれば結膜炎を繰り返す可能性は高いと言えます。

根本的に治療出来る逆さまつ毛が原因であれば点眼麻酔をしてまつ毛を抜いたり、結膜の切除を行うなどの処置が必要です。

ドライアイやアレルギーなど完治が困難な病気では、継続的に治療することが大切になります。

また、犬は眼に違和感があると前足で引っ掻いたり床や壁に擦り付けるため、結膜炎を繰り返すことがあります。

エリザベスカラーなどを使用し触らせないように工夫することも大切です。

犬の結膜炎は自然治癒する?

ほこりが目に入り充血を起こすなど軽度であれば自然治癒も可能です。

しかし、結膜炎が見られる場合の多くは感染症や角膜潰瘍やなどの結膜炎以の病気も伴っているケースが殆どです。

放置すると病気が進行し、完治が困難になったり失明してしまうこともあるので様子を見ずに治療することが大切です。

犬の結膜炎の目薬

細菌感染による結膜炎では抗生物質の目薬、アレルギーが原因であればステロイドの目薬を使用するなど、原因に合った目薬を1日に複数回点眼します。

また、眼軟膏を使用する場合もあります。

目薬よりも長時間効果が持続するため点眼回数が軽減出来ますが、使用後に違和感を感じこすってしまう犬もいるので使用後は様子を観察します。

犬の結膜炎の治療費・治療期間

一般的には診察代、検査代、薬代などで1回の治療につき3千~5千円くらいかかります。

症状が軽度であれば1回の診察での治癒も可能ですが、症状の程度や原因によっては長期間の通院が必要になり、数万円かかる場合もあります。



 



-犬の病気

Copyright© アニマルファーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.