犬の病気

犬の気管支炎とは・原因・症状・治るのか・予防・治療・気を付けたい食事

投稿日:

犬の気管支炎



犬の気管支炎について

犬の気管支炎とは

肺への空気の流通路である気管支・細気管支に起こる炎症で、急性及び慢性に分けられ、更に原因により感染性・寄生虫性・アレルギー性気管支炎に大きく分類されます。

犬の気管支炎の原因

犬パラインフルエンザウイルスや犬アデノウイルス1型や2型などのウイルス、気管支肺血症などの細菌、アスペルギルスなどの真菌、肺吸虫などの吸引により発症します。

また、ほこりや植物の種子・花粉・刺激性のガスなどの吸引により起こることもあります。

犬が多く集まる繁殖用の犬舎やペットショップなどでは感染性の気管支炎が多く、1種類あるいは2種類以上のウイルスや細菌が混合感染し突然発症します。

また、抵抗力の弱い仔犬や高齢犬に多く発症します。

2ヶ月以上にわたり咳が継続することで慢性気管支炎へと移行します。

犬の気管支炎の症状

初期には発熱や元気消失を示す場合もありますが、多くの場合乾いた様な咳以外の症状は見られません。

興奮した時や運動した時にのみ起こりますが、病気が進行し気管支内の分泌物が増加すると湿った様な咳に変わります。

咳の後に吐き気を示す場合もあります。

このほか病気の進行に伴い
食欲不振
体重減少
下痢
重症例では呼吸が速くなる
呼吸困難
チアノーゼ
などが見られ、最悪死に至ることもあります。

犬の気管支炎は治るのか

急性気管支炎で症状が軽度であれば、適切な治療を受け安静にすると数日で治ることもあります。

慢性気管支炎に移行すると完治は困難になり、基本的には生涯にわたり治療を継続する必要があります。

重度の混合感染を起こしたり、肺にまで炎症が広がった場合には死に至ることもあります。



犬の気管支炎で気を付けたい食事

免疫力が低下しているとウイルスや細菌からの感染を受けやすくなり、その結果気管支炎を起こしやすくなったり、症状を悪化させやすくなります。

栄養バランスの取れた食餌を与えることが大切です。

犬の気管支炎でおすすめのサプリメント

慢性気管支炎用のサプリメントとして佐藤製薬の「ラッセラ」があります。

漢方処方の「木防已湯(もくぼういとう)」をエキス化し、飲みやすいようにした小粒の錠剤です。

抗アレルギー作用・抗喘息作用が期待出来ます。

犬の気管支炎の予防方法

気管支炎を引き起こす原因となるいくつかのウイルスはワクチンによる予防が可能です。

獣医の指導の下定期的にワクチン接種をしましょう。

犬が多く集まる場所には近づかないようにし、もし感染症の疑いのある犬が同居していれば生活環境を分け、食器やゲージを良く消毒します。

喉を刺激しないよう温度や湿度を管理し、タバコの煙や刺激臭から遠ざけることも予防になります。

また、肥満は呼吸の機能を低下させる原因となるので体重管理に気をつけましょう。

犬の気管支炎の治療方法

原因に合った治療が必要です。

ウイルスなどの感染によるものであれば抗生物質や抗菌薬・気管支拡張薬・去痰薬・鎮咳剤の投与や、状況により酸素吸入や点滴、ICUで治療することもあります。

ネブライザー(蒸気吸入器)を使用し気道粘膜への薬剤の直接投与は非常に有効です。



-犬の病気

Copyright© アニマルファーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.