犬の病気

犬の尿路結石とは・原因・症状・予防・治療・サプリメント

更新日:

犬の尿路結石



犬の尿路結石について

犬の尿路結石とは

尿に含まれるマグネシウムやカルシウム、リンなどのミネラル成分が結晶化することで起こる病気です。

結石が形成された場所により
腎結石
尿管結石
膀胱結石
尿道結石
と分類されます。

犬の尿路結石の原因

原因は様々です。

尿路が細菌感染を起こすと尿のpHがアルカリ性に傾き、ストルバイト結石が出来やすくなります。

また、体質や食餌の影響などによって尿のpHがアルカリ性に傾いている場合でも同様に結石が作られやすくなります。

マグネシウムやカルシウムなど尿石の原因となる成分が多い食餌を与えることにより尿中に排泄されるミネラル成分が多くなると、それらを材料とした結石が作られやすくなります。

飲水量の減少や、下痢などで便への水分排泄が多くなり尿の量が減る場合にも、尿が濃縮され尿石が出来やすくなります。

犬の尿路結石の症状

尿路結石の多くは膀胱結石です。

膀胱結石が出来ると、結石が膀胱の粘膜を刺激するなどして膀胱炎の原因となります。

頻尿や血尿、排尿困難が見られます。

腎臓結石と尿管結石は、結石が小さいと殆ど症状を示しませんが、大きいと閉塞を起こします。

尿道結石は、雄犬では尿道が長いため尿閉塞を引き起こす原因となります。

尿路閉塞を起こすと排尿出来なくなり、腹痛や腹部膨満・急性腎不全による元気消失・食欲低下・悪心(吐きたいような気持ちの悪い症状)が見られることもあり、尿毒症を起こす非常に危険な状態になります。

排尿出来ない状態が2~3日続くと、死に至ることもあるため、早急に閉塞を解除する必要があります。

犬の尿路結石で気を付けたい食事・おやつ

栄養バランスのとれた食餌を与えることが大切です。

マグネシウムやカルシウム・ナトリウム・カリウムを多く含む食餌は尿路結石の原因となります。

特に、これらを多く含む煮干し、じゃこ、煮干し、のりなどのおやつは与えないようにしましょう。

犬の尿路結石でおすすめのサプリメント

日本全薬工業が発売している「ウロアクト」は尿石予防のサプリメントで、尿を酸性化する作用のあるクランベリーパウダーと、尿石を溶かす作用と利尿作用のあるウラジロガシエキスを配合しておりお勧めです。

あくまで栄養補助食品なので、獣医さんの適切な治療を受け、相談した上で補助的に与えるようにしましょう。



犬の尿路結石の予防方法

結石の材料となるマグネシウムやカルシウムを含む食餌は控えましょう。

排尿量を増やすために、ウェットフードを与えたり、ドライフードをお湯でふやかして与えも良いでしょう。

水は常に新鮮なものを用意し、飲みやすいように立ち寄りやすい場所や静かな場所に設置したり、散歩中でもペットボトルなどに入れ持ち歩きましょう。

排尿を我慢させないようにすることも大切です。

また、肥満により運動不足になると水を飲む機会が減り、結石を作りやすくしてしまいます。

他の様々な病気を予防するためにも、適正な体重を維持しましょう。

頻尿・血尿など膀胱炎と症状が似ているため、飼い主が様子を見てしまうケースがあります。

早期に治療を開始することで結石が大きくなる前に対処できるので、疑いがあれば早めに動物病院を受診しましょう。

犬の尿路結石の治療方法

排尿出来る場合、尿石の種類が溶解性のもの(ストルバイト結石など)であれば、抗生物質を投与し結石を溶解する作用のある療法食を数ヶ月与えます。

基本的には、尿石が溶けた後も尿石が出来にくくする療法食(維持食)を与え続ける必要があります。

溶解性でない結石(シュウ酸カルシウム結石など)の場合には、外科的に結石を摘出する必要があります。

雄犬で尿道が完全に閉塞している場合では、尿道にカテーテルを挿入し排尿させる「導尿処置」などの緊急処置が必要になります。

血液検査を行い、結果により点滴や抗生物質の投与などの治療を行います。

犬の尿路結石の手術・手術費用

膀胱に出来た大きな結石や、溶解出来ないシュウ酸カルシウム結石の疑いが強い場合では一般的に手術で摘出する必要があります。

手術前には、レントゲン検査を行い膀胱内の結石の大きさや数を確認します。

膀胱内の尿は事前に留置しておいた尿道カテーテルで抜去しておきます。

手術ではまず開腹し膀胱を露出させ、膀胱の周りに尿や結石が漏出しないよう膀胱周囲をガーゼで覆い、膀胱を切開します。

膀胱内の結石を摘出し、膀胱を縫合し、最後に尿道カテーテルから生理食塩水を注入し、縫合した部分から生理食塩水が漏出しないか確認し、閉腹します。

手術代は動物病院ごとに異なり、目安として小型犬で3~10万円くらいですが、その他血液検査代・レントゲン検査代・超音波検査代・入院費などがかかります。



 



-犬の病気

Copyright© アニマルファーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.