犬の病気

犬のチェリーアイとは・原因・症状・放置・自然治癒・治し方・目薬・手術・治療方法

更新日:

犬のチェリーアイについて



犬のチェリーアイについて

犬のチェリーアイとは

犬には、上瞼と下瞼の他に人には無い3番目の瞼が目頭の内側にあります。

この瞼は「第三眼瞼」や「瞬膜」と呼ばれます。

普段は目頭のに隠れており見えませんが、睡眠時や体調不良の時に見えることがあります。

第三眼瞼の内側には第三眼瞼腺が存在し、涙の約30%を分泌しています。

第三眼瞼腺が飛び出して赤く腫れるとさくらんぼに似ていることから、この状態をチェリーアイと呼ばれます。

犬のチェリーアイの原因

第三眼瞼腺を固定している線維性の結合組織が先天的に無い場合や弱い場合に発症します。

これは遺伝性とも考えられており、
ビーグル
アメリカン・コッカー・スパニエル
セント・バーナード
ボストン・テリア
ペキニーズ
などの犬種の1歳以下の若齢の犬に多く見られます。

また、第三眼瞼の外傷や炎症などが原因となりチェリーアイが引き起こされることもあります。

犬のチェリーアイの症状

第三眼瞼腺が腫れることにより目を直接刺激し、瞬きが増え涙や目やにが出たり、不快感から目を細め、さらに擦ったり引っ掻く様子が見られます。

角膜炎や結膜炎が原因でなることもあります。

細菌感染を併発した場合には、患部が数倍に腫れてしまうケースもあります。



犬のチェリーアイは放置していると自然治癒する?

一度腫れてしまった第三眼瞼腺が自然に元に戻ることはなく、人工的に押し戻す必要があります。

放置すると犬は目を気にしていじって、余計に症状を悪化させてしまいます。

第三眼瞼腺には涙を出したり目を保護する役割があるので、治療せずにいるとドライアイになったり、角膜が傷つきやすくなり角膜炎などを起こす可能性もあります。

犬のチェリーアイの治し方・戻し方

症状が軽度の場合では、滅菌した綿棒などで押し込んで一時的に戻せますが、多くの場合すぐに再発します。

再発を繰り返す場合や完治しない場合では外科手術により整復する必要があります。

犬のチェリーアイの目薬

炎症を抑えるための目薬を使用し、症状を軽減させます。

犬のチェリーアイは手術が必要?

点眼薬や内服薬を使用し第三眼瞼腺の炎症を抑えることもありますが、多くの場合は内科的治療だけでは完治せず、治っても再発します。

そのため外科手術が必要になります。

犬のチェリーアイの治療方法

一般的な治療方法は、飛び出した第三眼瞼腺を元の位置に押し戻して縫合します。

手術後は目を擦らないようにエリザベスカラーを装着したり、点眼薬を毎日使用します。

しかし、この治療をしても再発する可能性はあります。



 



-犬の病気

Copyright© アニマルファーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.