犬の病気

犬の外耳炎の原因・症状・自然治癒・治らない・市販薬・外科手術・治療費

更新日:

犬の外耳炎



犬の外耳炎について

犬の外耳炎の原因

耳の入り口から鼓膜まで続く穴(外耳道)で、細菌や真菌が異常に繁殖することによって起こります。

耳道内に植物の種などの異物が入り込んだり、ミミヒゼンダニなどの寄生虫の存在が原因で外耳炎を起こすことがあります。

また、耳の過剰な手入れで傷をつけてしまったり、トイ・プードルなど耳毛を抜く必要のある犬種では耳毛を抜いた際に耳道が傷つき、そこから感染を起こし外耳炎になる場合もあります。

ミニチュア・ダックスフンド
ゴールデン・レトリーバー
ビーグル
など垂れ耳の犬は耳の風通しが悪いことから外耳炎になりやすく、
特にアメリカン・コッカー・スパニエルでは重症化しやすいので注意が必要です。

柴犬などアレルギー体質の犬にも多くみられます。

犬の外耳炎の症状

耳が非常に痒いので、
・頭を振る
・耳を壁や床にこすりつける
・後ろ足で耳を引っ掻くといった仕草がみられる
・耳が赤くなる
・耳垢が多く出る
・耳からいつもと違う臭いがする
・頭や耳を触らせなくなる
などの様子が見られます。

犬の外耳炎は自然治癒する?

外耳炎は、症状がある程度進むまで様子を見てしまう飼い主さんが多いようです。

しかし、1度外耳炎になるとなかなか治らず、自然治癒することは難しい病気なので、早めに治療しましょう。

犬の外耳炎が治らない

犬の外耳炎は治りにくく、治っても再発しやすい厄介な病気です。

症状を放置すると慢性化し、さらに悪化すると中耳~内耳へと病気が広がり、どんどん治りにくくなってしまうので、重症化する前に動物病院を受診しましょう。

真菌の一種であるマラセチアが原因の外耳炎では、与えているおやつを辞めると多くの場合症状が改善されます。

ジャーキーなどの多くのおやつには酸化した油が使われており、この油を多く摂取すると耳に出る油の量が増え、その油を餌にマラセチアが繁殖します。

ドッグフード以外のものはなるべく与えないようにしましょう。



犬の外耳炎の市販薬

・ヒビクス軟膏
抗炎症作用、抗真菌作用、抗細菌作用、止痒作用がある医薬品で、特に細菌感染に対し効果を発揮します。

・ミミティーナ
低刺激で、真菌性外耳炎に対し臨床効果が認められている医薬品です。

犬の外耳炎は外科手術で治る?

外耳炎が重症化すると、耳道が腫れ上がり耳の穴が完全に塞がってしまったり、耳道内の腫瘍などが原因で耳垢が耳の外に排出できなくなってしまいます。

このようなケースでは外科手術が適用され、完治する可能性も十分あります。

犬の外耳炎の治療費

症状が軽度の場合は耳道の検査や耳の洗浄などの処置、点耳薬などに3~5千円ほどかかります。

必要に応じ別途内服薬代などがかかります。

麻酔下の処置が必要であったり手術が適用されるケースでは、数万円かかることもあります。



 



-犬の病気

Copyright© アニマルファーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.