犬の病気

犬の脱臼の症状・痛がらない・治し方・自然治癒・手術・治療費・保険・サポーター・サプリメント

更新日:

犬の脱臼



犬の脱臼

犬の脱臼の症状

脱臼とは骨が関節から外れてしまった状態をいい、脱臼した箇所により症状が異なります。

・膝蓋骨脱臼(パテラ)
膝のお皿が横にずれた状態になる脱臼で、歩いた時にひょこひょことあまり地面に足をつけないように歩きます。
ただしパテラにはグレードがあり、軽度の物なら日常生活を送る上で問題もなく、歩き方などの見た目にも判断できません。
また骨の細い小型犬はほとんど産まれつきもっていてもおかしくないものです。

・顎の脱臼
顎が外れた状態をいいます。
先天的な顎関節異常の場合はあくびをしただけでもすぐに外れてしまい口が閉じれなくなります。
また先天性以外では事故などの外傷が原因となり、口が閉じれないといった症状以外にも顎が左右にずれたりしゃくれたりする状態にもなります。

・股関節形成不全
先天性の股関節異常により脱臼が起こる病気の事をいいます。
主に遺伝性で進行する病気で、大型犬が発症しやすい病気です。
症状は腰が左右に揺れたり、歩行時にスキップをするようなリズムで歩いたりします。
また股関節の脱臼は先天性以外にも転倒や落下などの事故でも起こる事があります。

・肩、前足首、後ろ足首の脱臼
関節に大きな力が加わった時や、急な方向転換、高い位置からの着地などで起こります。
脱臼が起こった部分をかばうようにケンケンをするように歩きます。
また、外傷が原因となっている事がほとんどなので、骨折や捻挫も起こしている場合があります。

・尻尾の脱臼
尻尾を強い力で引っ張ったり、ドアで挟んだり、踏んづけたりした場合におこります。
尻尾が垂れ下がったまま動かなくなったり、途中で折れ曲がって垂れている状態になります。

犬が脱臼しても痛がらない

パテラのように軽度なら人間が曲げ伸ばししても痛みが起こらない脱臼もあります。

しかし、基本脱臼している場所を無理に曲げ伸ばししようとすると人間の脱臼と同じで痛みが起こるものです。

足を引きずっていて、人間が足に触れても犬が鳴いたりせず本当に痛みを感じていないようであれば、脱臼など関節が原因ではなく、内臓などの病気が原因の場合もある為、脱臼と決めつけずにすぐに獣医に診てもらいましょう。

犬の脱臼の治し方

軽度の物であれば犬が自分で動かす事で骨がはまる場合もありますが、基本は獣医に見てもらうようにしましょう。

脱臼した部分をもとに戻してもらったり(整復)、固定して動きを制限したり、重度の場合は手術が必要になる事もあります。

また、関節にいいとされるサプリメントもあります。

犬の脱臼は自然治癒する?

軽度のパテラなどは自然治癒というよりも、成長して骨の周りに筋肉が付くことにより症状が出にくくなることはあります。

しかし、先天性の関節異常や外傷による脱臼を自然治癒目的で放置する事は悪化にもつながるので大変危険です。

また一度放置して治ったといっても、脱臼が癖づいてしまう場合もあります。

脱臼の症状が出た時には獣医に適切な処置をしてもらうのが一番いい方法でしょう。

犬が脱臼したら手術は必要?

脱臼と併発して、骨折や靭帯が断裂している場合、重度の膝蓋骨脱臼と診断された場合には手術が必要になります。

また、膝蓋骨脱臼の場合は緊急性が無くても悪化の予防目的として手術を勧められる事があります。



犬が脱臼した時の治療費

脱臼の場合、症状や部位により、治療期間や治療方法が全く異なります。

一度の整復で治ったという場合もあれば、長期間の投薬が必要な場合、手術が必要な場合もあります。

また犬種によっても値段は異なり、一万円以内で済む事もあれば何十万円ももかかってしまう場合もあります。

その為平均的な治療費というものがありません。

犬の脱臼は保険がきくの?

加入している保険会社にもよりますが、治療が必要と診断された脱臼については保険がきく事が多いと思われます。

ただし、予防目的の治療には保険がつかえない事がほとんどなので、しっかり加入している保険の適用外・適用内の項目をを把握しておきましょう。

犬用おすすめ脱臼サポーター

膝蓋骨脱臼は悪化を防ぐためにサポーターなどが市販されていますが、これもメリットデメリットがあります。

例えば、サポーターは主に固定をするものですが、膝のお皿がずれている状態でサポーターを着用した場合は予防どころか悪化させる原因にもなります。

どんなにいいサポーターでも正しく着用させ、定期的な獣医の受診が必要です。

・室内犬のための機能性ボディサポーターFIX1
・DogLemi ひざ用サポーター

犬用の脱臼予防サプリメント

犬の脱臼予防ではコンドロイチンやグルコサミンを含んだサプリメントを与える事が効果的です。

ただしあくまで予防目的なので、サプリメントを飲ませるだけで悪化した脱臼を完治させる事はできません。

悪化する前から飲ませる事によりいい状態を保てるようになります。

犬の脱臼と散歩について

脱臼とは骨の細い小型犬、もともと関節が弱い犬に起こるものです。

普通に散歩をする分には筋肉をつける事にも効果的なので問題ありませんが、あまりにも膝に負担をかけるような散歩コースは控えましょう。

また、脱臼して痛みがある犬にとって無理に散歩に連れて行く事は犬のストレスを溜める原因にもなりますし、脱臼の悪化にもつながります。

犬に負担をかけない時間・散歩コース・速度で、適度に運動させる程度にしましょう。



 



-犬の病気

Copyright© アニマルファーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.