犬の健康管理

犬のくしゃみの原因・わざとしたりする?病気が隠れている?

更新日:

犬のくしゃみ



犬のくしゃみ

犬のくしゃみの原因

犬も人間と同じように、ほんの些細なきっかけでくしゃみをすることがあります。

鼻の中に小さな異物が入ったりした場合に数回出るくしゃみであれば自然の反応であることが多く、問題はないでしょう。

しかし犬がずっとくしゃみをしていたり、くしゃみ以外にも症状がある場合には何かしらの異常がある場合があります。

下記に、くしゃみの原因と考えられるものをご紹介します。

・鼻の中に異物が入った
前述のとおり病気等の心配はなく、自然現象でのくしゃみの原因です。
細かい砂やホコリ、また消臭スプレーやタバコの煙など様々な異物が鼻の中の粘膜を刺激し起こります。
ただし、犬がくしゃみで取り除けるような異物であれば問題ないのですが、植物の種子などが鼻の粘膜に付いてしまい、くしゃみで取り除くことが出来ないような場合は治療が必要になることもあります。

・アレルギー
人間と同じく犬にもアレルギーがあります。
アレルギーの原因は様々ですが、花粉やハウスダストがアレルゲンとなっている場合にくしゃみが出ることが多いです。

・病気
犬にはアレルギー以外にもくしゃみを引き起こす病気が多くあります。
詳しくは後述いたしますが、中には命に関わる病気も含まれていますので、くしゃみが多く出る場合には注意が必要です。

犬がわざとくしゃみしたりする?

犬は、嬉しさのあまりに興奮してわざとくしゃみをすることがあります。

これはあまりにはしゃいでしまった時に、自分を落ち着かせようとくしゃみでコントロールしていると言われており、飼い主が帰宅した時などに多く起こります。

これは生理現象と似通っており、病的なものではないため心配はいりません。

落ち着くまで優しく撫でてあげるとよいでしょう。

犬のくしゃみが止まらないのはなにかの病気

犬のくしゃみが続く場合は何かしらの病気が隠れている可能性があります。

いくつかくしゃみが起こりうる病気をご紹介します。

・鼻炎・副鼻腔炎
多くは鼻水を伴うくしゃみをします。
鼻炎は主にウイルスやアレルギーによるものが多くなりますが、なかには悪性腫瘍(がん)から引き起こされるものもありますので注意が必要です。

・ケンネルコフ
犬の風邪とも呼ばれており、乾いた咳とともにくしゃみが出ます。
ブリーダーやペットショップなどの多数飼育されている場所で認められることが多く、子犬が感染すると体力低下を引き起こし弱ってしまう原因にもなります。

・歯周病
犬の口腔内が歯周病になり、歯根から鼻腔近くの骨が溶けてしまうほど重症化するとくしゃみをします。
口腔内から腐敗臭のような口臭が出ることが多く、治療には全身麻酔下での抜歯や消毒が必要になります。

・ジステンパー
ワクチン未接種の犬に感染する可能性がある病気で、鼻水やくしゃみ、咳などの呼吸器症状とともに嘔吐下痢などの消化器症状や神経症状が起こる病気です。
体力のない子犬や免疫力の低下した老犬に感染してしまうと命を落とすこともある怖い病気です。



-犬の健康管理

Copyright© アニマルファーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.