犬の種類・特徴・性格・寿命・しつけ・値段・里親犬

スピッツの特徴・性格・寿命・値段・里親

更新日:

スピッツの特徴



スピッツの特徴

日本で「スピッツ」と呼ばれている犬は、日本原産の犬である「日本スピッツ」のことをいいます。

白くてふわふわとして被毛を持つ日本スピッツは、同じ真っ白な大型犬種のサモエドを小さくしたような体型をしており、サモエドの約5分の1の体重の犬だといわれています。

日本スピッツの平均体重は約5〜11kgで体高は約30〜38cm程度の小さめの中型犬種です。

そもそも「スピッツ・シュピッツ(Spitz)」という言葉は、ドイツ語で「尖ったもの」という意味を持ち、日本スピッツの名前の由来は、尖った口元や尖った耳の特徴からきているといわれています。

日本スピッツの最大の特徴は、純白で真っ白なふわふわの美しい被毛を持つことです。

日本スピッツの被毛は、ゴージャスなダブルコートで、特にアンダーコート(下毛)は非常に柔らかく、ふわふわとした飾り毛があるため実際よりもからだが少し大きく見えます。

スピッツの性格

日本スピッツは、忠実で遊び好きな性格です。

とても元気で活発ですが、頭が良く飼い主さんに忠実なので、しつけを覚えやすい傾向があります。

ただし、子犬の頃から社会科を行わないと神経質になって吠えグセがついたり、飼い主さんや家族以外を警戒したり、人見知りになる日本スピッツも多いです。

こういったことからも、忠実な面を持つ日本スピッツは、室内で家族と一緒に暮らし、子犬の頃から積極的に社会化を行い、たくさんの愛情をかけることで素晴らしい家族の一員となります。

スピッツの寿命

日本スピッツの寿命は、個体差がありますが、平均すると10〜16年程度といわれています。

どの犬種にも当てはまることですが、肥満は犬の寿命を短くしてしまうので、体重管理に気をつけるべきです。

さらに、小型犬ながら活発に動き回る犬種なので、運動不足やストレスを溜めないためにも日々のお散歩はしっかり行います。

直接的には日本スピッツの寿命には関わりませんが、ふわふわの被毛を持つため、皮膚の通気性が悪くなり皮膚病を患ったり、元気で飛び回りすぎて若い頃に脱臼癖がつくと、結果的に病院通いになってしまいます。

スピッツを飼う時は、日々ブラッシングを行い皮膚の状態をチェックすることと、ソファーやベッド、階段などの高いところから飛び降りさせることがないようにすることをおすすめします。



スピッツの値段

日本スピッツの子犬の値段は、約13〜25万円です。

ペットショップに並んだ子犬を購入するよりも、ブリーダーから購入する方が少し安く購入することができます。

ただし、ドッグショーに出展しているような血統を持つ日本スピッツのブリーダーでは、より値段は高くなります。

スピッツの里親はどこで見つけるの?

日本スピッツの里親を希望する場合は、動物愛護センターや動物愛護団体に問い合わせることで、情報を得ることができます。

最近では、犬の里親募集情報を集めたwebサイトが多くあり、犬種別ごとに里親情報や保護犬の情報をインターネットですぐに検索することができます。

「日本スピッツ 里親」と検索してみると、日本全国の里親募集状況が確認できるので、自分の住む地域でスピッツの募集が出ていないかチェックしてみることをおすすめします。

ただし、日本スピッツは子犬の頃に社会化を行わないと神経質になる傾向があるので、里親募集の日本スピッツの中には吠え癖のついている犬がいる可能性があることも頭に入れておきましょう。



 



-犬の種類・特徴・性格・寿命・しつけ・値段・里親犬

Copyright© アニマルファーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.