猫の種類・特徴・性格・寿命・しつけ・値段・里親猫

マンチカンの特徴・性格・寿命・値段・里親

更新日:

マンチカンの特徴



マンチカンの特徴

1944年に初めて報告されたと言われる短足種の猫。後に繁殖家に引き取られ、育種が始まり、1991年にアメリカのニューヨークのキャットショーで展示されました。

名前はマンチカン。英語で子供・小さい人を意味し、物語のオズの魔法使いの小人のマンチキンから名づけられたと言われています。

マンチカンの最大の特徴は犬で言えばダックスフンドと同様の短足である種類があるところ。

しかしこれは全体の2~3割程度であり、足の長いマンチカンやその中くらいの長さのマンチカンもいます。

特に人気と注目が集中されるのが短足種。独特な風貌と動きの可愛らしさからファンはとても多いです。

どの足の長さのマンチカンも元気いっぱいで運動好きなのも特徴の1つ。

飼う時は室内でも身体を気軽に動かせるようキャットタワーは必需品となります。活発な猫がお好みの方には最適です。

大きさは体長が60㎝程。体重はオスがやや大きくおよそ4キロ、メスは3キロほどが平均です。

マンチカンの性格

マンチカンは比較的穏やかで人懐っこい性格。

しかし身体を動かすことが大好きであり、好奇心が旺盛で活発な面をもっています。

賢くて猫の中では聞き分けも良いので飼いやすく、時にはとても甘えたがり、コミュニケーション取りたがります。

飼いやすさから初めて猫を飼う方には最適な種類と言えます。

マンチカンの寿命

マンチカンの寿命は長いと15年以上生きる猫もいますが、平均は11~13年ほどとやや他の猫に比べて短めです。

成猫になってからは肥満にならないように注意することが必要です。

特に足の短いマンチカンの種類は要注意。肥満になり足に負担がかかりやすくなると椎間板ヘルニアにかかるリスクが高まり、身体全体にも負担がかかることになります。

マンチカンと共に少しでも長く一緒に生活をしたいのであれば健康管理を心掛け、良質な餌を適量与えることが重要となります。

マンチカンの値段

マンチカンの価格は値段に大きな開きがあり、7~30万円程。足の短い種類は愛嬌のある動きで人気がありますが全体の2~3割と希少なため、価格がどうしても高くなります。

また、その時の人気の毛色や血統のよさ、顔の可愛らしさなどでも差があり、月齢によっても差が出ます。

子猫であるほど価格は高めです。



マンチカンの里親はどこで見つけるの?

マンチカンの里親を探すには地域の動物愛護センターに問い合わせをする方法やインターネットの里親募集サイトを利用する方法、動物病院などで保護している猫がいないかを問い合わせる方法などがあります。

里親になるための条件などもあるので問い合わせの際に良く話を聞くこと。

子猫ではなくほとんどが成猫であり、悲しい心の傷を負った猫が多いため、慣れるまで時間がかかる可能性が高いことも覚悟しておきましょう。

どんなことがあっても最後まで責任をもって飼う事が出来るかどうか、自分自身に問い、少しでも不安がある場合は里親になることは避けましょう。



-猫の種類・特徴・性格・寿命・しつけ・値段・里親猫

Copyright© アニマルファーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.