犬の種類・特徴・性格・寿命・しつけ・値段・里親犬

ボストンテリアの特徴・性格・しつけ・寿命・値段・里親

更新日:

ボストンテリア



ボストンテリアについて

ボストンテリアの特徴

ボストンテリアは、ブルドッグやフレンチブルドッグよりも一回り小柄でやや細身の体型で、ありながら引き締まった筋肉を持ち、角ばった顔立ちと立ち耳が特徴的で、鼻ぺちゃの犬種の中でも、人気の高い犬種です。

ボストンで生まれたことと、からだのカラーが、タキシードを着ているように見えることから、「小さなアメリカ紳士」などと呼ばれることもあります。

近年日本で人気のある犬種で、マンガ「のらくろ」のモデルになった犬種ともいわれています。

かかりやすい疾患としては、アレルギー性皮膚炎、膝蓋骨脱臼、結膜炎、チェリーアイ、気管虚脱、鼻腔狭窄、熱中症などが挙げられます。

特にボストンテリアのような鼻ぺちゃの犬は、熱中症になりやすいので夏場の温度管理は注意が必要です。

ボストンテリアの性格

ボストンテリアは、穏やかで、気を許した人や犬とは友好的に遊ぶことができます。

ただし、警戒心を持つ繊細な部分もあるので、知らない人や犬が自分のテリトリー内に入ってきた際に、見知らぬ人には冷たい態度をとり、ときに急な攻撃性を見せることもあります。

ボストンテリアの飼い方

興奮度が高まりやすい犬種のため、突発的に見せる攻撃性や、トラブルを回避するためには、犬からのサインを見逃さずに、犬をコントロールできるようにしつけを行っておく必要があるでしょう。

ボストンテリアは、非常に賢い犬種ですが、寂しがりやで甘えん坊の一面もあるため、飼い主さんが積極的にコミュニケーションをとるようにしましょう。

鼻ぺちゃと呼ばれる短頭種の犬は、気温による熱中症の他にも、運動をしすぎると呼吸困難を起こすこともあるので、普段からハイテンションになりすぎないように注意をしながら遊ぶことが必要です。



ボストンテリアの寿命

寿命は13〜15歳と、平均的かそれよりも長生きの傾向がみられる犬種です。

しかし、暑さも寒さも苦手であるため、夏場は涼しく、冬は防寒対策を行い、からだにかかるダメージをできるだけ少なくすることが、長生きの秘訣でもあるようです。

ボストンテリアの値段

子犬の価格は10〜40万円と価格の幅が広い傾向がみられます。

特にからだや顔の模様の入り方が美しいカラーや毛の質感が良い場合は、より高額で販売されています。

また、ドッグショーで優秀な成績を収めた血統の場合は、さらに高額になるケースもあるようです。

ボストンテリアの里親はどこで見つけるの?

ボストンテリアの里親になりたい場合は、レスキュー団体の情報やインターネットを通じた里親の募集情報を探すことで、見つけることができるかもしれません。

人気犬種ですが、それほど多い飼育の頭数ではないため、愛護センターなどで頻繁に保護される可能性は低いと考えたほうがよいでしょう。

里親として犬を迎えるにあたっては、人間との生活を学んでこなかった犬や、犬同士の挨拶ができない犬、繊細な部分が強く、人や犬に攻撃性がみられるケースもあるので、こういった性格の犬を受け入れる覚悟を持って応募しましょう。



 



-犬の種類・特徴・性格・寿命・しつけ・値段・里親犬

Copyright© アニマルファーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.