犬の種類・特徴・性格・寿命・しつけ・値段・里親犬

オールドイングリッシュシープドッグの特徴・性格・しつけ・寿命・値段・里親

更新日:

オールドイングリッシュシープドッグの特徴



オールドイングリッシュシープドッグについて

オールドイングリッシュシープドッグの特徴

ミュージカルのアニーにも出てくるオールドイングリッシュシープドッグ。

以前は家畜を移動したり、護送したりする使役犬でした。

現在では、広告やCMのキャラクターとして活躍しています。

原産国はイギリスで大型犬の長毛種です。

見た目は「大きなぬいぐるみ」ですが、頑丈な体格で重量感ある犬です。

体長と体高がほぼ同じで、肩よりもお尻が大きいプロポーション。

側歩行と言って右手と右足を同時に動かすため、ユッサユッサと歩く動きは独特な風貌があります。

頭は大きく、目にかかるくらいの長い被毛で垂れ耳です。

吠える声も太く低い独特な音を発します。

被毛の色は、
・グレー
・グリズル
・ブルー
をベースとします。

胸元や頭部などにホワイト模様が入っている場合もあります。

防水性に優れている被毛のため、皮膚疾患に気をつけてください。

日本の高温多湿の環境が苦手ですので、温度調節が大切になってきます。

遺伝的疾患も多く
・拡張型心筋症
・進行性網膜剥離
・白内障
・股関節形成不全症
・甲状腺機能低下症
などがあります。

被毛はダブルコートで大量に毛が抜けますので、毎日のブラッシングは必要です。

オールドイングリッシュシープドッグの性格

穏やかで落ち着きがあり、人と違和感なく馴染める性格をしています。

海外では子守り役ができるほど面倒見が良い犬種として知られています。

頑固でやんちゃな一面もあり、成犬になっても子供心を持っている犬種です。

構ってほしい時は前足でチョンチョンとしてきたり、人の後ろをテクテク歩いてきたりします。

他の犬や動物とも仲良くできるため、多頭飼いに向いています。

鳴き声が低いため、威圧感を感じる方もいるようです。

ですが、楽天的でマイペースですので縄張り意識は少なく番犬には不向きな犬です。



オールドイングリッシュシープドッグの飼い方

適応能力も優れていますので、広くない家庭でも生活できる犬種です。

室内飼育が推奨されていますが、股関節に負担がかかりやすいので「マット」を敷いたハウスを用意します。

一日中フリーにしていても悪さをしないほど落ち着きがあります。

人間の言葉を理解できるほど学習能力が高くトイレ、食事、散歩は早く覚えます。

長時間の留守番が苦手ですので、外に放置することがないようにしてください。

太りやすいので、毎日2時間程度の運動は必須です。

公園に積極的につれていくと社会性が身に尽くためオススメです。

食事前に興奮する程度で、飛びかかるケースも少ないです。

時に遊びに夢中になる時があるので、オンとオフの区別をつけます。

顔にかかる被毛は長いため、完全に表情が分からなくなる時があります。

目にかかると犬も邪魔ですのでゴムで結んでみたり、分け目をつけてみたりして視界を確保します。

オールドイングリッシュシープドッグの寿命

10~12年前後が目安です。

オールドイングリッシュシープドッグの値段

30万円前後が目安です。

ペットショップでは扱っていない地域があります。

オールドイングリッシュシープドッグの里親はどこで見つけるの?

比較的、入手が困難な犬種になります。
・大手里親募集サイト
・公共の里親募集
のホームページやブログなどはこまめにチェックします。

稀に保護犬で里親を募集しているケースもあります。
・ボランティア団体
・動物保護団体
などはこまめにチェックをしてください。

または、専門のブリーダーから入手する方法もあります。



 



-犬の種類・特徴・性格・寿命・しつけ・値段・里親犬

Copyright© アニマルファーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.