犬の種類・特徴・性格・寿命・しつけ・値段・里親犬

オーストラリアンシェパードの特徴・性格・しつけ・寿命・値段・里親

更新日:

オーストラリアンシェパードの特徴



オーストラリアンシェパードについて

オーストラリアンシェパードの特徴

直感力が優れていて第6感で物事を判断できると言われているオーストラリアンシェパード。

以前は羊や家畜を管理する牧羊犬としての役目を果たしていました。

現在は、競技犬、介護犬として活躍しています。

原産国はアメリカで中型犬の長毛種です。

体長がやや長く、がっしりとした体型とたくましい足の持ち主。

触り心地の良い垂れ耳と短いしっぽをしています。

目の色はブラウンが多いですが、薄く透き通った水色の瞳や、オッドアイの場合もあります

毛色は
・ブルーマール
・ブラック
・レッドマール
・レッド
がありブチ模様も認められています。

遺伝子疾患が多い犬種ですが
・白内障
・コリー目異常
といった目の疾患に気をつけてください。

脳炎や脳腫瘍が原因の発作てんかんも発症率が高めです。

被毛はダブルコートで、カール状になっている部分もあります。

抜け毛が多く、毛も絡まりやすいので毎日の手入れが必要です。

オーストラリアンシェパードの性格

献身的で愛情深く人懐っこい性格をしているため、家族と触れあうことが大好きです。

他の犬と喧嘩は好みませんか、知らない人には近づかない強い防衛本能も持ち合わせています。

協調性もあり辛抱強い面があるため小さな子供と生活はできますが、牧羊犬ですので噛みつきに注意をします。

独立心があり判断能力に優れており、牧羊犬の名残で疲れ知らずの体力があります。

責任感も強く悪天候の中でも任務をまっとうする「仕事熱心犬」と言えます。

オーストラリアンシェパードの飼い方

屋外飼育でも可能ですが、社会性を身につけるためには室内飼育をオススメします。

協調性がありますので、家族とのコミュニケーションが大切になります。

スタミナがありますので毎日の運動量は多めにとります。

散歩は長めに行い、ボール遊びも取り入れると満足します。

ノーリードでも走り回れるドックランを利用するのもオススメです。

テンションが上がると暴走癖が出ますので、満たすためにスキンシップを多く取り入れてください。

知能は高いので、
・ハウス
・トイレ
・リーダーウオーク
・留守番
・食事
などはすぐに覚えます。

飼い主の指示を聞くのが好みますので、スポーツドックとしても人気がある犬種です。

同じ動作を繰り返す反復訓練が基本となります。

牧羊犬の名残から、追いかける行動を好みますので、猫や小動物の生活は向いていません。

走る人や、自転車も追いかけようとしますので散歩の際は注意してください。

胸元の被毛が絡まりやすいので、毎日のブラッシングが理想です。



オーストラリアンシェパードの寿命

13~15歳程度が目安です。

オーストラリアンシェパードの値段

18万円前後が目安です。

国内では希少価値が高く登録数も少ない犬種です。

ペットショップで販売をしている地域は少ないようです。

オーストラリアンシェパードの里親はどこで見つけるの?

オーストラリアンシェパードが保護されるケースは稀です。

国内では里親募集サイトや、専門のブリーダーが存在しています。

大手であれば入手可能ですが、なかなか手に入らないのが現状のようです。

またJKC(一般法人ジャパンシリアスケネルクラブ)を見学する方法もあります。

HPを定期的にチェックすると、ドッグショーなどの日程が把握できます。

展覧会に足を運んでみる方法もオススメします。



 



-犬の種類・特徴・性格・寿命・しつけ・値段・里親犬

Copyright© アニマルファーム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.